美白のメカニズム

美容

美容や美白の天敵として紫外線は有名ですね。
では、紫外線とはそもそも何でしょうか。

紫外線は太陽光に含まれている光です。
光には見えるもの、つまり可視光線と呼ばれている領域に加えて見えないもの、赤外線。それに紫外線があります。
虹をイメージしてもらうとわかりやすいのですが真ん中の部分が可視光線と呼ばれている波長の部分にあたり、端が赤色と紫色です。
この赤と紫の更に外側がそれぞれ赤外線と紫外線になります。

赤外線や紫外線は物質を透過する特性を持っており、医療ではスキャンなどにも使われています。
この透過する性質は人体にとっては必ずしも良いことばかりではなく、紫外線が肌を透過して細胞に影響を与えてしまうのです。

紫外線が細胞に影響を与えようとすると人間はメラニンという成分を生成して細胞核を守ろうと動きます。
このメラニンが沢山生成されても消えていかず、酸化する事によって色素が沈着します。
これが進んだ時にシミという現象が起こるのです。

これは紫外線を一定時間浴びる事によって生まれる現象ですので、まずは紫外線をカットする事で一定防ぐことが可能です。
現在は車のガラスにもUVカットが施されていますが日常の中でもなるべく紫外線ケアの商品を身につけ、メラニンの生成を抑えるようにすれば美白の助けになりますね。